Let's Port の習い事講座案内 - プログラミング

Let's Portでは、多くのプログラミング教室で扱うスクラッチではなく、Pythonで直接コードを書いていく本格的なプログラミングを行います。

多くのプログラミング教室で採用されているスクラッチは、すでにプログラムされたルーチンブロックをスクリーン上にペタペタ貼ってゆくスタイルで、エラーが起きず、気軽にプログラミングを疑似体験できることが特徴です。
しかし、プログラミングにおいては、「なぜエラーが出たのか」を検証し、試行錯誤することに大変意義があり、それが人を成長させます。
そのため、Let's Portでは、直接コードを書いていくスタイルをとっています。

元プログラマーであるレッツの塾長が執筆した『Pythonプログラミングスクール「かめののろい」』を使い、進めていきます。→テキストの詳細はコチラ

>> 他にも多様な学習プログラムがございます <<